御朱印のご案内

当宮は今から約1200年前、弘法大師が交野で修行の折、秘法を唱えると七曜の星(北斗七星)が降臨したという降星伝承が伝わっており、北極星・北斗七星の神格である妙見様をお祀りしております。

 

また、当宮の鎮座する交野ヶ原一帯は(現在の交野市、枚方市)平安時代以前から七夕伝承がありました。江戸時代初期の儒学・本草学者として著名な貝原益軒の紀行文『南遊紀行』には「此谷のおくに、星の森有。星の社あり。其神は牽牛織女也。」と当宮のことが記載されており、七夕ゆかりの神様としてもお祀りされておりました。

 

古くから当宮は降星伝承や七夕の信仰も古くから根付いた全国でも珍しい星にまつわるお宮です。周辺には現在も「星田」、「妙見坂」など、ゆかりのある地名がございます。

 

当宮では通常の御朱印以外に、信仰に由縁のある御朱印や、特別な御朱印をご用意しております。奥深い星の信仰に想いをはせ御朱印をお受け頂ければ幸いです。

星田妙見宮 御朱印

七曜星降臨縁起の御朱印

今から約1200年前、弘法大師が交野の獅子窟寺の吉祥院の獅子の窟に入り秘法を唱えると星田の里の三カ所に七曜星(北斗七星)が降臨したと伝わります。星が地上に落ちた場所として、一つは星田傍示川沿いの高岡山東の星の森、もう一つが、この星田乾にある降星山光林寺境内、そしてもう一つが当宮です。後に弘法大師は当宮の地に赴き、大師自ら「三光清岩正身の妙見」と称され、「北辰妙見大悲菩薩独秀の霊岳」、「神仏の宝宅諸天善神影向来会の名山」としてお祀りされました。当宮創建の縁起に関わる御朱印です。


星田妙見宮 令和奉祝記念御朱印

土日限定 令和奉祝記念御朱印

新帝陛下がご即位なされ、新しい御代「令和」となりました。新帝陛下のご即位をお祝い申し上げ、令和奉祝の記念御朱印を土日限定でおわかちしております。


星田妙見宮 龍神御朱印

祝賀御列之儀奉祝御朱印

即位礼の後、天皇皇后両陛下は、パレードを行い、広く国民の祝意をお受けになられます。これは平成の御代替りから始められた儀式です。11月10日のみの限定奉祝御朱印です。

大嘗祭奉祝御朱印

毎年秋、天皇陛下はその年の新穀を、御祖先である天照大御神をはじめ、神々にお供えし感謝を捧げる新嘗祭を宮中で御斎行になります。なかでも、陛下が即位後初めて行われる新嘗祭が大嘗祭です。大嘗祭は天皇御一代に一度行われる祭祀で、御位につかれるうえで不可欠なものであり、数ある祭祀の中で最高の重義とされています。11月14日、15日のみの限定奉祝御朱印です。


星田妙見宮 龍神御朱印

龍神御朱印

北極星と北斗七星の神格である妙見様のご神使は龍と玄武です。そのため、龍神様のお祀りするお社が3社ございます。昔は龍降院と呼ばれていた時代もございました。

秋期限定登龍の滝御朱印

不動明王をお祀りしている登龍の滝の御朱印です。横のお社では金色龍王をお祀りしております。古来より登龍門と言う故事ががあるように、龍門をこえることのできた鯉は龍に化すると言われています。限定300枚で無くなり次第終了となります。


七夕御朱印のご案内
星田妙見宮 七夕祭

当宮を含む交野が原一帯は平安時代以前から天女が舞い降りたとされる羽衣伝説や七夕伝説がありました。

 

平安時代、惟喬親王の狩りのお供で在原業平と紀有常が当地、交野ヶ原を訪れ、天の川の河原で酒宴した際にも、七夕ゆかりの和歌を詠んだと伝わっています。酒宴の際、天の川に趣きを感じた親王が、お供の者に和歌を詠ませました。

 

お供の在原業平は「狩り暮らし たなばたつめに 宿からん 天の河原に 我は 来にけり」と親王に詠み差し上げます。しかし、親王はなかなか歌が浮かばず、返歌をすることができません。そこで、紀有常は親王に代わり、歌を詠みます。「ひととせに ひとたび来ます 君まてば 宿かす人も あらじとぞ思ふ」。

 

千年以上経った今も、和歌を通して私たちに七夕への風流を感じさせてくれます。在原業平と紀有常の和歌を添えた御朱印です。

七夕御朱印

◆和歌の意味

狩りをして1日も暮れたので七夕姫に宿を借りましょう。天の川原に来たのですから。 

在原業平 伊勢物語 八十二段より

七夕限定御朱印

七夕期間限定御朱印

7/1~8/7(旧暦七夕)まで

◆和歌の意味

その人は、一年に一度いらっしゃるお方をお待ちですから、宿を貸されることもあるまいと思いますよ。

紀有常 伊勢物語 八十二段より


星田妙見宮 御朱印

牽牛織姫七夕御朱印

享和元年刊『河内名所図絵』に所載の当宮の図絵と、貝原益軒の紀行文『南遊紀行』の「此谷のおくに、星の森有。星の社あり。其神は牽牛織女也。」という当宮についての文章を添えた御朱印です。

交野ヶ原にある天野川を境に牽牛と織姫が一年に一度の七夕の日に恋い焦がれ出会う場面を描きました。

元々、交野ヶ原には平安時代以前から天女が羽衣によって天から降りたという羽衣伝説がございます。そこから七夕に繋がってゆき、交野ヶ原の七夕伝説として伝わったと言われております。


 

 

授与所窓口受付時間

平日 8:00~16:00 

土日祝8:00~17:00

※<10月中旬~1月末>16時半まで