御朱印のご案内

当宮は今から約1200年前、弘法大師が交野で修行の折、秘法を唱えると七曜の星(北斗七星)が降臨したという降星伝承が伝わっており、北極星・北斗七星の神格である妙見様をお祀りしております。

 

また、当宮の鎮座する交野ヶ原一帯は(現在の交野市、枚方市)平安時代以前から七夕伝承がありました。江戸時代初期の儒学・本草学者として著名な貝原益軒の紀行文『南遊紀行』には「此谷のおくに、星の森有。星の社あり。其神は牽牛織女也。」と当宮のことが記載されており、七夕ゆかりの神様としてもお祀りされておりました。

 

古くから当宮は降星伝承や七夕の信仰も古くから根付いた全国でも珍しい星にまつわるお宮です。周辺には現在も「星田」、「妙見坂」など、ゆかりのある地名がございます。

 

当宮では信仰に由縁のある御朱印や、特別な御朱印をご用意しております。奥深い星の信仰に想いをはせ御朱印をお受け頂ければ幸いです。

通常の御朱印

土日限定 令和奉祝記念御朱印


七夕御朱印

当宮を含む交野が原一帯は平安時代以前から天女が舞い降りたとされる羽衣伝説や七夕伝説がありました。平安時代に在原業平が交野ヶ原を訪れた際に詠んだ七夕ゆかりの和歌を添えた御朱印です。

 

 

龍神御朱印

北極星と北斗七星の神格である妙見様のご神使は龍と玄武です。そのため、龍神様のお祀りするお社が3社ございます。昔は龍降院と呼ばれていた時代もございました。